メタセコイア モデリングチュートリアル
お題は「いのしし(亥)
HTML版はこちら→KT爺メタセコイア指南書

ino_fr01.jpg

デル今週のおすすめ商品

2006年10月19日

メタセコイアの基本操作(1)

まず、メタセコイアのインターフェイス(操作画面)を簡単に説明します。

  • 3D画面 中央の青いスペース。ここでモデリング作業をする。
  • メニュー 各種操作を実行する。プラグインの実行(ユーザ登録済みシェアウエア版のみ)もここから行う。
  • ステータスバー 現在使用しているコマンドに応じたマウス操作の案内を表示する。
  • 表示コントロール 3D画面の透視投影・平行投影の切り替えをしたり、立体の要素(頂点・辺・面)や、テンプレート画像(下絵)の表示・非表示の切り替え、簡易表示、前面のみ表示をオン、オフするボタンが配置されている。また、コントロールの右端には画面のズーム、パン、視点回転、三面図への切り替えをするアイコンがある。
  • コマンドパネル 各操作コマンドを切り替えるボタンが並んでいる。 このコマンドパネルは、「システム」「編集」「コマンド」「編集オプション」「表示」「照光」の6つのグループに分かれていて、それぞれグループ名が表示されているタブの部分をクリックすると開閉できる。
  • サブパネル コマンドパネルのボタンを切り替えると、各コマンドに応じた操作パネルが開く。
  • オブジェクトパネル オブジェクトパネルでは3D形状の部品をレイヤーに分けて管理する。
  • 材質パネル 材質パネルでは3D形状の表面の色や材質を設定、管理する。

…と、こういった機能が下図のように配置されています。
ここでは取り敢えず、インターフェイス各部の名称だけ覚えておいて下さい。
  インターフェイス各部の名称

MEMO:3D空間の座標

3D画面の中央にある赤・緑・青の3本の線は、3D空間の座標軸を表している。
左右がX軸(赤)、上下がY軸(緑)、奥行きがZ軸(青)で、3本の軸が交わる中心が原点(X=0,Y=0,Z=0)となる。 この3つの座標上で立体を作って行く。移動や拡大縮小、回転等のコマンドを使う場合も、 操作ハンドルの色がそれぞれの軸に対応しているので覚えておこう。

以降、特に記述が無い限り、「コマンドパネル」は[ コマンド ]グループを指す事とします。
SCtrl+S等のアルファベット表記はキーボードショートカットを表します。

ブログ初心者

いやはや。拙者、実はまったくのブログ初心者なのでござる。
「日記なぞHTMLかCGIで書けば良うござろ?」
と、今まで見て見ぬフリをしておったが、世間が余りに猫も杓子も…な様子でござった故、遅ればせ(ええ、タイヘンに遅ればせ)ながら、ちと拙者もいぢくってみようかと云う気に成り申した。
んで始めた初ブログが「講座」系とは既に使い方間違ってる気がしないでも無きにしも在らずんば虎児を得ずでござる。まあ、やってみるしかないのだがこれで良いのか?と千々に乱れる乙女ジジイごころな訳でござるよ。(書いてて、意味不明でござる。)

然ればでござる。何とかブログの仕組みが解ってきて、レイアウトが崩れまくるテンプレートの改造もひと段落。やっと安心(?)して記事の投稿ができる状態には成ったでござる。

ご訪問くださった方で、見づらい箇所やレイアウトが崩れるような事が在れば、ご報告くだされば可能な限り改善する所存にござる故、何卒よしなにお計らいくだされ。
posted by KT爺 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 ・ お知らせ