メタセコイア モデリングチュートリアル
お題は「いのしし(亥)
HTML版はこちら→KT爺メタセコイア指南書

ino_fr01.jpg

デル今週のおすすめ商品

2006年10月21日

萌え探求 はじめに

こちらの企画(…と云うか、拙者自身の課題でござるな。)も、にょろにょろとネタを探しながら、ぬるりぬるりと進めていかねばなるまい。

 さて、元々己に「萌え」る感覚が不足しているが為の、作品に於ける「萌え」要素不足。感覚的な事はこれ如何ともし難い。
元来「萌え」などというものは、学習して習得する(できる)ようなモノでは無い気もするが、それではこのブログの試みはお終いでござる。w

仕方ないので、ここでは…
「萌え」要素を分析、分解して、それを人為的に作品に仕込む。
…という、自分にとって楽しいのか何なのかサッパリ判らぬ作業に挑むコトになるでござる。

このブログのメインテーマは、「初心者向け3DCG講座」でござるが、初心者にとって大事なことは…
自分にとって興味の持てるテーマを、楽しみながら作る。…という事でござる。こちらでは拙者も初心に帰って、自分も楽しめるテーマで進めたいと思っておるのでござるが…

この時点で既に、このブログは拙者にとって相反するベクトルのテーマを同時にやろうとしている…なんとも纏まりが無い気がしないでも無いでござるが、きっと気のせい。(笑)
まあ、バランスを取っているとも考えられる。
続きを読む
posted by KT爺 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | CG WIP & 萌え探求

メタセコイアの基本操作(3)

さて、Ctrl+Fを押して形状を画面の中心に戻したら、3D画面の左上にある 表示コントロールを見てください。 ここに並んでいるボタンで、3D形状のどの要素を表示するかをコントロールします。  下図のように、[ 点 ][ 辺 ][ 面 ]の3つのボタンを押して、全ての要素を表示しておきましょう。
[ 点 ][ 辺 ][ 面 ]ボタンは、右クリックすることで他の2つのボタンを同時に操作できる。 マウスカーソルでポイントするとツールチップに説明が出るので確認しよう。)
 表示コントロールのボタン

MEMO:3D形状の要素

ポリゴンを構成する3つの要素

3D形状は、頂点・辺・面の3つの要素で構成される。 頂点を繋いで辺を作り、辺を繋いで面(メタセコイアで使える面は、三角形と四角形のみ)を作る。 こうして構成された3D形状の事を「ポリゴン」(Polygon)と呼ぶ。 ポリゴンには表裏があり、通常は裏側から見ると 表示されない。

ここでちょっと「起動〜準備」の章を思い出してください。  [ 点 ][ 辺 ][ 面 ]の3つのボタンは、コマンドパネルの [ 編集オプション ]グループにも在ったのを覚えてますか? 慣れないと混乱する部分ですが、 表示コントロールの[ 点 ][ 辺 ][ 面 ]ボタンは、それぞれの要素を表示するか しないかを切り替えるボタン。編集オプションのそれは、編集(選択や移動、拡大縮小など)ができるかどうか を切り替えるためのボタンです。 表示コントロールのボタンで面や辺を非表示にしていても、 編集オプションのボタンが押されていれば編集できてしまうので、注意してください。