メタセコイア モデリングチュートリアル
お題は「いのしし(亥)
HTML版はこちら→KT爺メタセコイア指南書

ino_fr01.jpg

デル今週のおすすめ商品

2006年11月06日

タブレット

テクスチャ作成に必須な入力デバイスでござるな。 資金に余裕があれば、先ず入手したい機器でござる。  マウスでも、頑張れば何とかならない事も無いでござるが、生産性はガックリ落ちるでござる。 

拙者が実際に使っておるのはWACOMのIntuos2という一世代古い製品でござるが、今のところ機能的に十分でござる故 そのまま使い続けており申す。 現行製品はIntuos3でござる。 タブレットと云えばワコム。ワコムと云えばタブレット てな具合で、やはり安心してお薦めできるシリーズでござるな。 
そういえば、ワコムのタブレットはIntuosと云う名前になる前から使用しており申すが、故障した経験は一度も無いでござるな…。

さて、製品選びのポイントでござるが、WACOMのタブレットには主軸製品のIntuosシリーズと、 廉価版のFAVOというシリーズが在り申す。 主な機能の違いとしては筆圧感知の階調でござるが、 Intuosは1024レベル、FAVOは512レベルと倍の差がある訳でござる。 しかしながら、一日中画面に向かって作業をしながら、 線の質やその描き味に拘るプロのイラストレーターでもなければ、512レベルでも特に問題は無いハズでござるよ。  テクスチャの制作程度であれば、価格的にも機能的にもFAVOで十分かと存ずる。 
次にタブレットのサイズについてでござるが、拙者が使っているのは、A5サイズのタブレットでござる。  「商業用の紙媒体に使用するイラストを描く」仕事にも使用しておりました故、昔はA4サイズの製品も使っていたのでござるが、 デカくて場所を取る、価格が高い、等の理由でA5サイズに乗り換え申した。 (マルチモニタで使うなら、A4サイズは描画スペースが広く便利でござった。)
A5サイズの更に半分のA6サイズの製品も在るでござるが、こちらはさすがに小さい。 長い線を一気に引きたい場合などに、 些か不安が在り申す。(「慣れ」で解決するとは思うでござるが…)余程省スペースにしなければならない理由でも無い限り、 A5サイズがベストでは無いか…と云うのが、拙者の結論でござる。

…と云う訳で、ここでお薦めするのはA5サイズのFAVOとIntuos3に成り申す。
FAVOのラインナップからは、「ペイントソフトは持っている。」という方には「CTE-640/*0」を。

W0  S0  P0 

Win標準の「ペイント」しか持って無い方は、Adobe Photoshop Elements3.0と、 Corel Painter Essentials2が付属している「CTE-640/*1」がお薦めでござる。

W1  S1  P1 

先々、イラストや写真加工などにも使いたい。緻密な描き味にも拘りたい向きにはIntuos3でござるな。 
あと、ワイド画面に対応したタイプも在り申した。 むう…拙者はこれが欲しい。

G0  S0  PTZ-631W/G0 

posted by KT爺 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器・参考資料

CG制作の必需品

このカテゴリではCG講座の補助コンテンツとして、拙者も実際に使っている…もしくは使ってみたいCG制作用の周辺機器や参考資料を紹介するでござる。  商品のリンクは所謂アフィリエイトプログラムを利用しております故、このページからのリンクで購入された場合、 当道場に僅かばかり紹介料が入る事に成り申す。(キライな人はクリック回避でござるよ。
アフィリエイト収入は有り難く道場運営資金にさせて頂きます故、「講座が役に立った」と思し召しあらば リンクからの購入も検討して下され。

posted by KT爺 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器・参考資料