メタセコイア モデリングチュートリアル
お題は「いのしし(亥)
HTML版はこちら→KT爺メタセコイア指南書

ino_fr01.jpg

デル今週のおすすめ商品

2006年11月11日

イノシシを作ろう(65)

65. 模様の歪みが、ほぼ無くなりました。
UV調整が完了したウリ坊

KT爺の茶飲み話

長丁場大儀でござった。以上で初心者講座「イノシシのモデリング」は終了でござる。
最初に何を作るか…のネタ探しには、ホトホト悩んだのでござるよ。 「クイックスタート」的な内容にするつもりでござったが、こりゃちっとも「クイック」ではござらぬな。とほほ…orz
後半のUV関連の操作は、初心者の方には些か難しかったやもしれませぬ。分からない部分があれば、質問してくだされば可能な限りご返答致す所存にござる。
さて、次は更にじっくり(なんですとぉw)各機能の解説を交えながら理解を深められる内容にしたいでござる。乞うご期待。

最後に、今回作ったmqoデータと、別に作ったオブジェクトを組み合わせてレンダリングした画像を貼っておくでござる。 こんなふうにイノシシの向きを変えるときは、メニューの[ オブジェクト ][ 曲面・ミラーのフリーズ ]で、「フリーズする属性」の 「ミラー」にチェックを入れて、鏡像をフリーズ(実体化)してから配置して下され。 サンプルとしてmqoデータもアップしておくでござる故、作品制作の参考にして下され。

イノシシの親子

メタセコイアデータ ダウンロード
inoshishi_mqo.lzh (LZH圧縮 518 KB)

イノシシを作ろう(64)

64. 3D形状の角度を変えて、正中線から2列目のラインの流れを参考にしながら、UV展開図の頂点位置を修正します。 背中からお尻への部分も大きく歪んでいるので、尻尾の部分をV方向に移動して緩和しました。  歪みが目立つのは背中の模様ですので、それを緩和する事に重点を置いて修正します。
UVの調整(3)

イノシシを作ろう(63)

63. 「UV操作」サブパネルの[ 移動 ]ボタンをクリックして、整列した5つの頂点を、 テクスチャ画像の上端までV軸(縦)移動させます。コマンドパネルの[ 編集オプション ]グループで [ U ]ボタンをオフにしてから普通にドラッグして移動しても良いのですが、 3D画面右下にある赤色と緑色の矢印をドラッグしても、それぞれU方向、V方向のみの移動ができます。 UV展開図上の頂点を移動すると、3Dオブジェクトの背中の模様も移動するのが確認できます。
UVの調整(2)

イノシシを作ろう(62)

62. 画面上のUV展開図は「3Dオブジェクトの頂点がテクスチャ画像上のどの位置に対応するか」を表しています。 UVマッピングを設定した3D形状の頂点は、3D空間上の座標(XYZ)情報とは別に、テクスチャ画像の横軸をU、縦軸をVとした平面の座標情報を持てるのです。

では、背中のUVの歪みを修正してみましょう。
現在、UV展開図上の背中のライン(3D形状の正中線)は、3D形状を真横から見たままのカーブが描かれています。 これを真上から見た状態に近づけて行きます。 正中線にあたるラインは、3D形状の真上から見れば直線です。 模様の歪みが目立つ背中付近のラインを構成する5つの頂点を選択して「UV操作」サブパネルの [ 整列 ]ボタンをクリックします。選択した頂点が横方向に一直線に整列します。
UVの調整(1)