メタセコイア モデリングチュートリアル
お題は「いのしし(亥)
HTML版はこちら→KT爺メタセコイア指南書

ino_fr01.jpg

デル今週のおすすめ商品

2007年02月02日

書院座敷を弄る

NK-headが一段落したら弄ろうとウズウズしていた、HONEY殿制作の「座敷」シリーズをコンバートしておるでござる。
HONEY殿はPOSERコミュニティ界隈では超有名なクリエイターさんでござるが、実は拙者が彼女のサイト「江戸暦」に出会ったのは、「時代劇プロジェクト(現在頓挫中)」の為に江戸時代関連の資料を探しておった時でござった故、おそらく3〜4年前…。以来、POSERに関わるよりずっと以前から、彼女の創作活動の大ファンだったのでござる。
此の「江戸暦」では、江戸情緒溢れるCGの展示と共に、大変クオリティの高い時代物和風3Dモデルを無料で配布されており申す。 3DデータはOBJ形式でも使用できるように配慮しておられる故、POSERに興味の無い御仁も一度訪問されてみては如何でござろうか。

さて、HONEY殿が昨年末〜新年にかけてリリースされた「座敷」シリーズ3部作でござるが、これまた大変に素晴らしいセットに仕上がって居り申す。

書院座敷をレンダリング
書院座敷(小) テストレンダリング。

この方のモデルの凄い所は、常に綿密な考証の上に制作しておられる事でござろう。 無論、闇雲に考証を重ねておっては、いくら時間があってもデータは仕上がりませぬ故、実際のモデリングに必要となる知識を広く浅く纏め上げて居られるとは思うのでござるが、此の「必要な知識」を集めるには相当量の文献を当たった上で取捨選択せねば成りませぬ。 またその知識の幅は「建築」であったり時代毎の「風俗」であったり、浅く…とは云っても、普通ならばその筋の専門家で無ければ知り得ないような事まで調べ上げねば成らぬ事もしばしば。 単に「歴史が好き」な程度ではちゃんとした形には成らぬ訳で、そこにはモデリング作業以上の時間と労力が注がれておる筈なのでござる。
「江戸時代」への強い憧れや好奇心と共に、その空気感や情緒までも作品に込めて表現したい…と云った拘りが無ければ出来ぬ活動でござるな。 その情熱には頭が下がる思いでござる。

そう云った拘りの結晶として仕上がったであろう3Dモデルでござるが、その拘りの勘所とでも云うか… 拘るべきツボと省くべき部分のバランスが絶妙で、見栄えが良いだけでは無く3Dデータとして非常に使い易いと云う点にも、HONEY殿の努力とセンスが伺え申す。 知識を蓄積するだけでは無く、作品として昇華する為の研究を続けてこられた成果でござろうな。  

何か褒めっぱなしに成ってしもうたが、元来他人をベタベタに褒めちぎるのは拙者苦手でござる故、相当本気でなければここまでは書き申さぬ。

…て云うか、まじファンです。 サイン下さい。(´・ω・`)
posted by KT爺 at 08:16| Comment(2) | TrackBack(0) | CG WIP & 萌え探求