メタセコイア モデリングチュートリアル
お題は「いのしし(亥)
HTML版はこちら→KT爺メタセコイア指南書

ino_fr01.jpg

デル今週のおすすめ商品

2006年10月18日

メタセコイアの導入

さて、いよいよCG講座の始まりでござる。
始まりでござる…が…。解説文が終始ござるござるでは読み辛い上に、 書いててもどこまでがござるかござらぬか混乱してしまうので(既に大混乱。)、 ここでは努力して現代語にするでござる。 ええ、それはもうタイヘンな努力でござる。

…という訳で、あらためましてこんにちは。KT爺です。(゚∀゚)

まずはソフトウエアの導入編ですが、この講座ではメインツールとしてメタセコイア(Metasequoia) というO.Mizno氏が個人で開発された3Dポリゴンモデラーを使って解説をして行きます。必要な環境は以下の通り。

OSWindows 98/Me/NT4.0/2000/XP のいずれか。
Windows 2000/XP推奨。
CPUPentiumまたは互換性のあるCPU。
Pentium III/4、Intel Coreまたは同等性能のCPU推奨。
メモリ32MB以上。 128MB以上推奨。
その他ホイール付きマウス推奨。

先ずはO.Miznoさんのホームページでソフトウエアをダウンロードするでござるよ。 …もとい、ダウンロードしましょう。

O.Miznoさんのページ : metaseq.net (http://www.metaseq.net/

ページ左のナビゲーションメニュー「Metasequoia」をクリックして、 その下層の「ダウンロード」へ進みます。

シェアウェア(有料)版とフリーウェア(無料)版の2種類ありますが、 当講座ではシェアウェア版を使って進めて行きます。ユーザ登録をしなくても、 取り合えず基本的な機能は使えるうえに、無償版よりもずっと高機能です。
未登録状態での主な機能制限として、独自形式以外でのファイル出力ができない事や、 プラグインの利用ができない事等が上げられますが、詳しくは同ページの 「バージョンごとの機能比較」を参照してください。

当講座でもメタセコイアをより便利に使ってゆく為に、プラグインを利用して行くことになります。 取り合えず未登録で使ってみて、楽しく続けられそうな手ごたえを感じたならば、是非ともシリアルID購入のご検討を。

ダウンロード」のページで使用条件を確認したら、最新バージョンの シェアウエア版をダウンロードして、インストールしましょう。ダウンロードページの下部に 「インストールの方法」という項目があるので、そちらを参照しながらインストールして下さい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1481659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック