メタセコイア モデリングチュートリアル
お題は「いのしし(亥)
HTML版はこちら→KT爺メタセコイア指南書

ino_fr01.jpg

デル今週のおすすめ商品

2006年10月21日

メタセコイアの基本操作(3)

さて、Ctrl+Fを押して形状を画面の中心に戻したら、3D画面の左上にある 表示コントロールを見てください。 ここに並んでいるボタンで、3D形状のどの要素を表示するかをコントロールします。  下図のように、[ 点 ][ 辺 ][ 面 ]の3つのボタンを押して、全ての要素を表示しておきましょう。
[ 点 ][ 辺 ][ 面 ]ボタンは、右クリックすることで他の2つのボタンを同時に操作できる。 マウスカーソルでポイントするとツールチップに説明が出るので確認しよう。)
 表示コントロールのボタン

MEMO:3D形状の要素

ポリゴンを構成する3つの要素

3D形状は、頂点・辺・面の3つの要素で構成される。 頂点を繋いで辺を作り、辺を繋いで面(メタセコイアで使える面は、三角形と四角形のみ)を作る。 こうして構成された3D形状の事を「ポリゴン」(Polygon)と呼ぶ。 ポリゴンには表裏があり、通常は裏側から見ると 表示されない。

ここでちょっと「起動〜準備」の章を思い出してください。  [ 点 ][ 辺 ][ 面 ]の3つのボタンは、コマンドパネルの [ 編集オプション ]グループにも在ったのを覚えてますか? 慣れないと混乱する部分ですが、 表示コントロールの[ 点 ][ 辺 ][ 面 ]ボタンは、それぞれの要素を表示するか しないかを切り替えるボタン。編集オプションのそれは、編集(選択や移動、拡大縮小など)ができるかどうか を切り替えるためのボタンです。 表示コントロールのボタンで面や辺を非表示にしていても、 編集オプションのボタンが押されていれば編集できてしまうので、注意してください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1493670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック