メタセコイア モデリングチュートリアル
お題は「いのしし(亥)
HTML版はこちら→KT爺メタセコイア指南書

ino_fr01.jpg

デル今週のおすすめ商品

2006年12月22日

マウス

入力デバイスの紹介第2弾、今回はマウスでござる。
A5サイズのタブレットはコンパクト…とは云っても、マウスと併用するとなるとやはりそれなりのスペースが必要でござる。 そこで拙者、タブレット上でも使えるマウスを探していたのでござる。

前回紹介したWACOMのタブレットには、タブレット上で使う専用のマウスが付いているのでござるが、これはちと使いづらい。 現在主流(?)の光学マウス(従来の赤色LEDを使用した光学マウス)では、反射のあるタブレット面では操作不能。 仕方なくタブレットの上にパッドを敷いて使ってみたりもしたでござるが、ペンに持ち換える度にパッドを除けておいたりするのが煩わしい。あと、機種によっては1ドット単位の細かいトラッキングができなかったり…。 拙者もマウスは散々買い替えておるのでござるが、使い心地に納得がいかず…結局Microsoftのエルゴデザインでも何でもない超シンプルなボールマウスに戻る…という事を繰り返していたのでござる。;;
ところが、シンプルであるが故に故障とは無縁であった筈のMSのボールマウスが、何故か最近、拙者の環境ではマウスボタンがすぐに不調になり、買い替えを余儀なくされるケースが頻発。 昔は2〜3年くらいは楽に持っていた製品だけに、品質の低下を疑わざるを得ない状態なのでござるよ。

そこで、以下のようなちと厳しい条件で製品探しを始めたのでござる。

1) タブレット上でも操作可能。

2) トラッキング精度が高く、1ドット単位の作業に耐える。

3) PC本体、タブレット、その他周辺機器のケーブルが増えてきているので、これ以上増やしたく無い。 故にコードレスが望ましい。(USBコードの先にデカいレシーバが付いているような仕様では意味がない。)

4) 耐久性…は使ってみなければ判らないので、レビュー等を参考に。 製品の保障期間が長いと安心。

そこで行き当たったのが、この製品。


MX-610BK
Logicool レーザーコードレスマウス ブラック [MX-610BK]

拙者が実際に使ってみた使用感は、ほぼ満点でござる。

条件1、2に関しては、レーザーマウスならではの長所でござる故、まったく問題なし。
驚くべきは、カーソル操作のしやすさでござる。
カーソル移動が速く、小さな動作で画面全体をカバーでき申す。カーソルを速くするだけなら従来のマウスでも設定次第で可能ではあるものの、逆に細かい作業がし辛くなりがちでござった。…が、このマウスにはそれが無い。
無論、個人の感覚的な差も有るとは思うが、拙者的にはこの画面内のスムーズな移動と精細な操作の両立が違和感なく行えた初めてのマウスでござる。
1920×1200の画面で快適なカーソル操作が出来ており申すよ。

条件3のコードレスに関しても、快適。
コードレスマウスの不安点としては、レシーバーのサイズと感度。マウス本体の重量、電池交換の頻度などでござろう。
先ずレシーバーのサイズは下の写真を見て頂ければ分かるように…非常にコンパクト。これをUSB端子に直接差して使うタイプで無駄なケーブルも無く、感度もすこぶる良好でござる。

MX-610BK USBレシーバ
USBレシーバ。 100円ライターと比較してみる。

電池の持ちに関しても、PCのスリープに連動してマウスの電源も自動でオン・オフされるなど工夫が凝らしてあり良好でござる。 拙者は一日10時間以上はPCに向かっておるハズでござるが…大体一ヶ月くらいは持つ感じでござるな。(単三電池2本使用)電池残量が少なくなるとインジケータが点滅して知らせてくれるでござるが、その後1日くらいはまだ楽に持つので、その間に予備の充電池を用意して交換しておるでござる。
ひと月に2本とは言え、毎回使い捨ての乾電池を買ってくるのは煩わしい故、充電式の電池があると便利でござるな。

充電後の自然放電が少ない此れなどお薦め。


本体と電池を合わせた重量も、個人的には気になる程の事は無かったでござる。
拙者は、滑りを良くするために、このマウスパッドとソールを併用しておるでござる。
サイズがいろいろ在り申すが、A5版タブレット面にピッタリのサイズはこれでござるな。


ソールを取り付けるだけでも、タブレット上での滑りが良くなり申す。
長時間マウスだけで作業するときは、マウスパッドをタブレットの上に置いて使えば、さらにスイスイと気持ち良い。 ちょっとお高いが、このマウスパッドのシリーズは拙者がMacユーザだった頃からの愛用品でござる。
マウスパッドに何千円も出すのには抵抗がある…もしくはこれを使ってもまだ重いと感じる御仁は、電池を一本だけ入れて使う…と云う手もあるでござる。(実はちゃんと動作する。)

話をマウス本体へ戻し申す。
条件4の耐久性。現在半年ほど使用しておるでござるが、今のところクリック感は良好。
マウス背面部と一体成形のボタンでござる故ガタつく事も無く、かってにクリックがダブるような事も今のところ無し。 拙者、個人的に軽すぎるボタンは苦手でござる故、カチカチとした適度なクリック感に満足しており申す。製品の無償保証も5年間と云う事で、ぬっ壊れても大安心でござるな。

個人的には大変満足しておる製品でござるが、いっこだけ注意点があるでござる。
それは個々のPCと専用マウスドライバとの相性。 これに関してはあちらこちらで不具合の報告を目にするでござる。
とは云ってもこの手の相性問題はこの製品に限った話では無く、WindowsOSの本家Microsoft製のマウス別ドライバでも、拙者は何度も不具合を経験しておるでござる。

拙者は、現在DELLのノートパソコンに繋いで使用しておる関係で、どうしても付属のタッチパッドの機能を外したくなかったので…マウスの専用ドライバは入れずに使って居り申す。 結果、Eメール、インスタントメッセージのお知らせ機能と、ホイールの水平スクロール機能が使えませぬが、PC音量調節、ミュート(何気に便利)、メーラ起動(めちゃ便利)、フォワード・バックボタン等は、問題なく使えているでござる。

しかし、このインスタントメッセージのお知らせ機能で点灯するアイスブルーのLEDがと〜ってもキレイなのでござる。拙者は時々、これを見るためだけにマウスをデモモードで起動して堪能しておるでござる。 マウス底面にある電源ボタンを押して、一旦マウスの電源を落とした後、左ボタンを押しながら電源ボタンをオン。左ボタンは押したまま、右ボタンを5回クリックすると、デモモードで起動するでござる。 モード解除は、普通に電源を入れ直せばオッケ。
使い勝手には関係の無い小技でござるが、ユーザの方はお試しあれ。

定番中の定番ではござるが、「X Wheel NT」などのユーティリティで、フォワード・バックボタンにソフト別のショートカット等を割り当てて使うと更に便利に使えるでござるよ。

拙者の場合、メタセコイアで使うなら複数選択用にShiftキーを割り当てたり、UV操作サブパネルの[移動]ボタンにショートカットを設定してから割り当てたりしておるでござる。([U]キーでは無く[移動]ボタンに割り当てるのがポインツ。他のコマンドからはUV操作コマンドへの切り替え、UV操作コマンド中は[回転][拡大]ボタンからの切り替えに使える。)

経験的に、入力デバイスはケチらないのが吉。
…と云う訳で、拙者のお気に入りマウスの紹介でござった。
posted by KT爺 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺機器・参考資料
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2646487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック